歯磨き粉革命「薬用ホワイトパール」
Home
運営者ブログ
 当サイト『歯の知識』運営者のデンタロウによるブログです。主に歯に関する記事をご紹介しますが、歯に関係しないジャンルの記事も時々あります。
質問と要望
歯の疑問
相互リンク
運営者ブログ
日本全国の歯科医院
Copyright(C)hanochishiki.com All rights reserved.
当サイトの紹介
歯の知識
歯の関連知識に関心がある皆様
歯の関連治療に関心がある皆様
歯の関連症状に関心がある皆様
歯の知識
利用規約
お問い合わせ
Home
運営者ブログ
広告掲載
 ・歯の健康 ・運営者情報 ・歯科関連商品
 歯が割れてしまう「歯根破折」について
 平成28年6月8日 『歯の知識』運営者:デンタロウ
サイトマップ
スマートフォン版
サイトマップ
スマホ対応版
歯科関連記事
歯科医師:デンタロウ
当サイト「歯の知識」の運営者:デンタロウについては運営者情報からどうぞ!
デンタロウ
【歯のメールマガジン】
「歯のメールマガジン」は歯の基礎知識や歯科治療、テレビやCMで話題の歯科関連商品などの情報をお届けする無料メールマガジンです。完全無料ですのでご登録宜しくお願いします。
歯のメールマガジン
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村
当ブログ「歯の知識」運営者ブログは、≪にほんブログ村ブログランキング≫に参加しています。以下にあるバナーからにほんブログ村へGO!
歯磨き粉.jp
歯磨き粉専門サイト「歯磨き粉.jp」

当サイト【歯の知識】の運営者:デンタロウが運営している歯磨き粉ポータルサイト「歯磨き粉.jp」です。様々な人気歯磨き粉を厳選してご紹介していますので、是非一度足を運んでみてくださいませ!
歯磨き粉ランキング2016
最新2016年度歯磨き粉ランキング
 今回の記事は、歯が割れる「歯根破折」に関する記事です。実は虫歯や歯周病に並んで歯を失ってしまう原因の上位にランクされている疾患なんです。
また、どんなに丈夫な歯であっても一定以上の強い力が加わってしまうと割れてしまいます。たとえば、ボクシングやラグビーなどの激しいスポーツなど歯に衝撃がかかりやすいです。したがって、マウスガードなどの予防策が必須になるわけです。
歯が割れてしまうほとんどの歯が神経を取っているものです。ここでいう神経を取った歯というのは、虫歯治療などの際に細菌感染のため仕方なくとったものなどのことです。そして、神経がなくなった歯はある歯と比べて栄養分の供給が少なくなるためもろくなりやすいです。そのため、歯ぎしりや食いしばりなどある方では、外力に耐えることができずに折れてしまうことも少なくありません。
歯の基本的な知識
歯の健康について考えよう!
 1 歯が割れてしまう原因は?
デンタロウ
私が愛用している歯磨き粉【薬用オーラパール】をご紹介します。歯を白くする美白成分と歯周病予防成分が1つになった最新の歯磨き粉です。ホワイトニング効果と歯周病予防効果が一緒になっているのはかなりうれしいですよね!詳しくは上記バナーからどうぞ!!
歯が縦に長く割れてしまう縦破折の場合は歯を残すことが難しいため抜歯になるケースが多いです。しかし、そうではない比較的浅い破折の場合は治療可能です。例えば、一部分だけ割れている場合は歯の内側から専用の接着剤で固定します。ただし、この時便宜的に神経は取らなければいけません。その他の方法として、割れてしまった歯を一度抜いてしまって、専用の接着剤でくっつけた後に再びもとの場所に戻す治療方法があります。およそ1ヶ月固定をして歯が元の状態になるのを待ちます。
プロポデンタルリンス

高濃度のプロポリスエキスと、高い殺菌力を持つ塩化セチルピリジニウムとイソプロピルメチルフェノール、歯ぐきの血行を促進する酢酸トコフェロールなどを配合した、最新液体タイプの薬用歯磨きです!詳しくは上記のバナーからご確認ください!
 2 歯が割れてしまうとどんな症状が出る?
@食べ物を噛むとなんとなく違和感を感じます。ただし、何かを噛んでいない時は無症状であることが多いです。
A歯が割れている周りの歯茎が腫れたり痛んだりします。理由としては、歯が割れているところから細菌感染するからです。それが原因で炎症症状が生じます。
B歯の頭に付けている金属などの被せ物が外れたりします。
 3 歯が割れてしまった時の治療方法は?
 今回の記事のまとめ
歯を削ったり神経を取ったりすると、歯がもろくなるため割れやすくなります。歯が割れてしまうと、最悪抜歯しなければならないことも少なくありません。日ごろから虫歯などにならないように口腔ケアをしっかり行うことが重要なわけです。
生活に役立つオススメ情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
デンタロウが一番おすすめする歯磨き粉!
 3 歯が割れないようにするための予防方法は?
上記でも説明しましたように重度の虫歯などによって歯の神経をとったものはもろく割れやすいです。したがって、歯の神経を残すためにも虫歯を放置しないことが予防方法としてまず挙げられます。また、歯を削るだけでも歯は少しずつもろくなっていきます。日ごろからしっかり口腔ケアをして、虫歯にならない環境づくりを徹底させましょう。もちろん、ボクシングやラグビーなどの激しいスポーツをしている方は必ずマウスピースをして歯への衝撃を軽減させれる工夫をしてください。